アクセスカウンタ

や〜べぇのたわごと

プロフィール

ブログ名
や〜べぇのたわごと
ブログ紹介


や〜べぇのブログご訪問に感謝☆

メインブログはこちら↓(^▽^)v

http://ameblo.jp/landy-kid/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog
zoom RSS

ちょ〜寒いんですけど・・・

2018/01/12 11:24


今年 はじめての積雪


10pくらい積ってる チェーンを着けるしかない


姉から電話がきて職場まで送ってやった


雪景色もきれいだった


帰ってくると おかんが雪だるまを作っていた


とても可愛かったので パチリ!



画像




ネッ☆ かわいいでしょ?





記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


遅ればせながら「あけおめ」です

2018/01/09 09:22

画像



長年 ご無沙汰している親友にも

この年賀状を出したのですが・・・

返事がありません

もう いないのかもね〜^^:

本年もご無事でいられることを祈ってます


Bob Welch - Precious love







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ディープ・ステート」(闇政府)という言葉が米大手メディアに登場

2017/12/20 15:34


『日本の真心が目覚めました』さんより転載☆
http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-136.html


「ディープ・ステート」(闇政府)という言葉が米大手メディアに登場


2017年8月4日に出した記事です。

最近、アメリカの大手メディアでは今まで聞くことのできなかったある言葉が登場するようになり、非常に興味深く見ています。

それは、
「ディープ・ステート(闇政府)」。

以前は、この言葉はオルタネティブメディア、つまり企業スポンサーなどを持たない独立系のメディアか個人発信のブログなどで主に使われていました。また、このような言葉を使うと「陰謀論者だ」などと一蹴されていたから、大手メディアでは使われていなかったのかもしれません。

しかし、アメリカ政界の深刻な腐敗や暗殺と見られる大量の不審死などが続き、政治家不信となったアメリカ国民が「政界のドブ掃除をする」と言ったビジネスマンであるトランプ大統領をあえて選んでから、アメリカのメディアも少し変わってきました。

トランプ大統領は、CNNなどの大手メディアに「それは、フェイクニュース」などと直接、正面から言い返した今までに前例のない大統領であり、自らツイッターで国民に直接語りかけることを選んだ初めての大統領でもあります。

保守系のフォックスニュースでは、トランプ支持のショーン・ハニティがトランプ暗殺か失脚を企てる「ディープ・ステート」について解説しています。「ディープ・ステート」というのは、アメリカ政府に巣食う超党派の腐敗勢力のことで、CIAやFBIなどの機密情報機関の一部をも動員しているとのことです。(最近、アメリカを中心に暗殺を思わせる大量の不審死が起きていたことも、CIAの暗殺部隊が関わっていたと考えれば、スッと納得がいくのです。)

元下院議長のニュート・ギングリッチ氏も、「ディープ・ステート」についてお話しです。

ニュース解説者のタッカー・カールソンも「ディープ・ステートはトランプ大統領の暗殺か失脚を企てている」と述べています。

映画監督のオリバー・ストーンさんですが、この方はリベラルだと思っていたのですが、なぜかフォックスニュースに出演しています。この方は、映画の題材に政治的なことを扱っていますので、ある程度「裏で起きていること」を知っている人物なのかもしれません。この方も、「ディープ・ステートがトランプ大統領を狙っている」と公に発言しています。

数ヶ月前のことですが、共和党議員らが集まって議員野球の練習をしていたところで襲撃事件があり、スティーブ・スカリス議員が狙撃されるという事件が起きています。命は取り留めたようですが、まだ入院しておられるようです。

CNNなどの捏造記者の全リストを公開したロン・ポール元議員の息子であるランド・ポール議員は、この狙撃現場におり、テレビのインタビューで「もしも、側近がフェンスを越えて木の後ろに隠れるように言ってくれなかったら、私も撃たれていたかもしれない」と発言していました。この暗殺未遂事件の犯人は捕まったのですが、ヒラリー・クリントンと民主党の大統領候補を争ったバーニー・サンダース氏の支持者であるということがテレビで放映されました。

先日、アメリカ議会でベテラン議員たちと懇談した牧師が「トランプ暗殺計画がある」ということを直接聞いてしまい、「祈りでトランプを守る!」と言っている件について書きました。(表向きは)民主主義の国で「暗殺」というのは非常に物騒な話ではありますが、かなり現実味を帯びてきてしまっているというのが実情です。

トランプ大統領が万が一、暗殺されるようなことがあれば、それは民主主義の終焉であり、腐敗勢力の勝利となります。しかし、一般的なアメリカ人は素直で曲がったことが嫌いな性分だと思うので、政治の腐敗を憎むはずです。



【転載終了】

_________________________



民主主義を大義としながら資本主義で市民を支配し

また軍事力で市民を支配する共産主義国の特権階級

何れも闇の政府が仕掛ける市民を統制支配するための

奴隷支配構造です



高橋師は人類はいずれ共産主義や資本主義から脱却し

全人類が等しく富を分かち合い共存できる平和な社会を

創造して行かなければならないと言っていました



そのためにはイエス・ブッダ・モーゼの三者が説いた法が

真実の大宇宙の神理であることを全人類は悟らなければ

ならないとも言っていました

そして今から百三十年後 シカゴにイエスが出生し世界政府が

樹立されるだろうと言われました

それまでは闇の勢力による受難の時代が続くだろうと思われます

その間 人間はその天上界の計画を実現するために魂と心の

浄化と覚醒を図らなければならないということだろうと思います



<ヤ〜ベェ>

__________________________



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地球上でサタンに仕える巨大5社とは。。。 

2017/12/14 20:42

https://ameblo.jp/landy-kid/entry-12336340279.html


『日本や世界や宇宙の動向』さんより転載☆

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52019321.html


地球上でサタンに仕える巨大5社とは。。。 


巨大5社とは、Twitter、Facebook、Google、Amazon、Appleです。全てアメリカ発のグローバル企業です。
彼等はインターネットを通じて世界人類を操り支配する役割を与えられた部隊なのでしょう。
最近、特にアメリカではインターネットの監視が強化されており、複数のサイトが観れなくなっています。これも上からの命令を受けて巨大5社がやっていることなのでしょうけど。。。
できるだけ巨大5社と関わらない方がよいと思います。私はたまにアマゾンで商品を購入するだけで他の4社は使っていません。世界中の人々が使い始まるようなサービスってかえって怪しいと思います。
スマホも注意しないとマインドコントロール装置になってしまいます。

http://www.thecommonsenseshow.com/2017/12/10/satans-five-servants-on-the-planet-earth/
(概要)
12月10日付け

画像


この惑星は一握りの極悪勢力に乗っ取られています。彼等の最終目標は世界人口を容易に操作できるレベルまで削減することと世界人類の魂を破壊することです。

世界中で起きている戦争は、人間の強欲さと意地汚さを利用して人間同士を戦わせることで極悪勢力が地球を完全に乗っ取る手段です。

NSA は戦争をでっち上げ人間同士を戦わせるためのスパイ訓練を実施しています。

以下は、私の20年来の友人(元NSA職員)のバンス・デイビス氏がNSAで訓練を受けていたときに知った情報です:


1、ずいぶん前から宇宙では善と悪(闇)の宇宙戦争が継続中です。
2、闇側の(この戦争の)最終目標は全人類の魂を永久的に支配することです。

3、闇側つまりサタン(悪魔)の追随者たちは我々の魂のコードを破ることができません。
そのため、彼らは人間の基本的概念を破壊することに着眼したのです。サタンの極悪勢力が人間の魂を支配できないなら、魂を載せている船(人間の肉体)を変質させるしか方法はありません。つまり、人間に倒錯嗜好(ジェンダー・フリー、トランスジェンダー、AIと人間の合体など)を持たせるということです。
トランスヒューマニズム(超人間主義)が話題になり始めたとき、私はこれこそが闇側(悪魔)の仕業だと察知しました。


DHS国土安全保障省のマニフェストにも、訓練を受けた牧師らで構成された聖職者対応チームが結成されるとあります。牧師らは、FEMAキャンプに送られる数百万人ものキリスト教徒らを落ち着かせる役割があります。

「獣の刻印(666)が人類奴隷化の最終ツールとなります。奴隷対象者は、右手或は額に獣の刻印が押され、獣の刻印のある者又は獣の名前を持つ者同士でのみ商売することが許されます。」黙示録より

現在、人類史上初めて、これを可能にするテクノロジーが存在するようになりました。

次の巨大企業は地球を素早く呑み込んでいる極悪勢力配下の独占企業です。。

これらの巨大企業は市場を独占しており、競争がありませんから我々に選択肢はありません。
巨大企業とは(A) Twitter; (B) Facebook; (C) Google; (D) Amazon; and, (E) Appleです。
上記の巨大企業と敵対する企業や政治家はみな吸収されるか潰されてしまいます。

鉱山都市に行くと(21世紀になっても)採掘会社がその街のあらゆるものを独占していることが分かります。
街の不動産会社や食料品店まで採掘会社が所有しているため、街で働いている労働者はみな採掘会社から給与をもらっていることになります。採掘会社は労働者に対して日々の生活に困らない程度の賃金しか与えません。採掘会社は鉱山都市の食料品店まで所有していますが、極悪勢力側の企業は地球全体を所有しようとしています。
世界を支配している家系(支配階級)は、ロックフェラー、カーネギー、ゲイツ、ザッカーバーグなどではありません。彼等は単に巨大企業の顔となっているだけです。ただし、彼等もサタンに仕えている人たちです。

Apple、Facebook、Amazon、Twitter、Googleは、新興支配階級から成っており、これらの5社には次の共通点があります。

1、5社は、自己防衛を嫌い、米国民から銃を奪い取ることに賛成である。なぜなら今後5社は闇側であり、人類に対する恐ろしい仕打ちをすることになるから。
2、GoogleとAmazonは食料や水など人間にとってなくてはならない資源を支配しようとしている。
3、5社は、支配階級の権限を制限させる言論の自由を嫌い、ネット上の監視を強化し、信仰の自由を抑圧し、基本的人権を奪おうとしている。
4、5社は完全に反キリストである。
5、将来的に、5社は血を流す競技にてキリスト教徒狩りを始めるだろう。
6、5社にはペーガン(異教徒)的世界観がある。
7、強力な監視体制を敷き5社の世界観を人類に強引に押しつける。
8、5社は我々が何を目にし何を耳にするかを全て決定する。
9、5社の世界観に従わない者は、仕事も食料も何も手に入らなくなる。





【転載終了】



_______________________






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エルサレムをイスラエルの首都とし米大使館をエルサレムに移すことはカオスを引き起こすため。

2017/12/10 13:12


エルサレムをイスラエルの首都とし米大使館をエルサレムに移すことはカオスを引き起こすため。



結局トランプもイルミナティの脅迫に怯えながら彼等の言う通りに行動しているだけなのでした。
イルミナティは、グローバリストとナショナリストに分かれて世界を騙しています。ですからトランプがグローバリズムに対抗していても結局はイルミナティなのです。トランプに敵対するグローバリスト(リベラル左翼、共産主義)の反トランプやCIAやディープステートも、ナショナリストのトランプもネタニヤフもどちら側もイルミナティの一部なのです。そして彼等は両サイドから世界の人々を攻めています。その最終目撃は世界を破壊することです。破壊した後に彼等の新秩序(NWO)を制定することです。全てはここに来ます。



地球上にいる限り、イルミナティ=悪魔崇拝者の支配体制から逃れられないのかもしれません。何しろ、悪魔崇拝者らはエイリアン(悪魔)と連携して世界を支配いるか、人間の姿をしていてもエイリアンに憑依された化け物ですから、彼等が地球から去っていかないと、人類の平和は望めないのかもしれません。彼等だけでなく一般社会でも、精神異常者、犯罪者、サイコパス、非常識人間、性格異常者。。。。など、おかしな人間がたくさんいます。きっと彼等は悪魔に憑依されてしまっているのかもしれません。
イルミナティの計画通りに、今後、エルサレムを巡り、世界大戦へと拡大していかないことを祈るばかりです。


現在、スピリチュアルの世界では、神と悪魔の戦いが進行中だとか。。。



つづきはこちらから→ https://ameblo.jp/landy-kid/entry-12335228520.html




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本でも “スマートメーター火災” が起きている!

2017/12/09 08:13



日本でも “スマートメーター火災” が起きている!



スマートメーター火災の例はアメリカやオーストラリアでは報告されていたが、日本ではそうした事例はないものと思われていた。しかし、あったのである。それも2017年だけですでに4件も発生していた。

電磁波だけでも十分に危険なのに、火まで噴けば、もう立派な “危険物” と言える。



画像



事故情報データバンクシステム

「事故情報データバンクシステムは、関係機関より「事故情報」「危険情報」を広く収集し、事故防止に役立てるためのデータ収集・提供システムです。 このシステムは消費者庁と独立行政法人国民生活センターが連携して、関係機関の協力を得て実施している事業です。」 と謳っているサイトである。

このように 「スマートメーターの火災事故」 としての記録データは存在するが、なぜか新聞でもテレビでも報道されていないようだ。電力会社による周到な “ブラックアウト” の可能性がある。裏で “電通” が、文字通り “火消し” に奔走している疑いがある。

こうした隠蔽工作が功を奏して、何も知らずに 電力会社が推進する 「スマートメーターへの取替え」 を受け入れている世帯主がほとんどである。



詳しくはこちら⇒ https://ameblo.jp/landy-kid/entry-12334669447.html




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地球はすでにミニ氷河期に入っており、最大で 200年以上続く

2017/12/07 09:48


地球はすでにミニ氷河期に入っており、最大で 200年以上続く



ミニ氷河期は「2015年にすでに始まって」おり、今後「200年から250年間続く」というロシア科学アカデミーの科学者たちの主張が公開された



関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」というような感じで、どうにも秋を吹っ飛ばして、夏から冬にダイレクトに突入した気配もないではない感じの最近です。

メダカや外で飼っているいろいろな水生の生き物を家の中に入れる準備をしたり、植物なども部屋に入れ込んだりと冬の準備もわり楽しいものですが、しかし、

「これがずっと続いたら、やっぱりイヤだな」

というようには思います。

まあしかし、睡蓮鉢の水が冷たくてイヤだとか、そういう個人的な問題は別として、「寒冷化の懸念」は常に現在の地球にまとわりついています。

今回は冒頭に貼りました最近のロシアの学術的主張である「すでに地球は小氷期(あるいはミニ氷河期)に突入している」をご紹介したいと思います。



つづきはこちら→ https://ameblo.jp/landy-kid/entry-12334159351.html




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

や〜べぇのたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる